小島 聖

日々

2021.11.11

ラビット・ホール

ラビット・ホール
神奈川芸術劇場、KAATにて
2022年、2月、舞台に立ちます
新しく芸術監督に長塚圭史くんが就任して最初のシーズン、冒、の最後です。
ぜひ劇場へいらしてください
お待ちしています
https://www.kaat.jp/d/rabbithole2022

2021.07.24

音楽と空想のパレード

代々木にある児童館、かぞくのアトリエにて
おもいつきの声と色、ワークショップを行います。
音楽と空想のパレードという素敵なイベントの中の一環です。
”めぐる木”という私たちのオリジナル紙芝居で一緒に絵を描きませんか?
新しく出会う皆さんとどんなめぐる木が成長するか
楽しみです。
詳しくはかぞくのアトリエのホームページをご覧ください。
https://kazoku-no-atelier.com/20210904/

2021.07.21

ぷらっと文化祭/えほんとことばの森

穂の国とよはし芸術劇場にて行われる
ぷらっと文化祭/えほんとことばの森に
”おもいつきの声と色”で参加します。
たくさんの種を蒔いてどんな好きの芽が芽生えるか楽しみです。
詳しくは芸術劇場のホームページをご覧ください。
https://www.toyohashi-at.jp/event/workshop.php?id=446&preview=1

2021.07.20

&プレミアム9月号
さっと作れる、あの人の手料理。
在元彌生さんに撮影してもらっています。

2021.06.07

もしも命が描けたら

舞台に立ちます
夏で外へ気持ちが向きますが、劇場へもぜひ足を運んでいただけたら
嬉しいです。

https://tristone.co.jp/moshimoinochi/

2021.06.04

ランドネ

ランドネ5月号にテント泊の魅力について寄稿しています。

2021.06.01

おもいつきの声と色イベント/ eatripsoil

eatrip seea club -おもいつきの声といろ / みんなでつくる紙芝居-』のご案内

おもいつきの声と色

思いつきで始まった、おもいつきの声と色。
その思いつきが日常に刺激を与え発見をくれます。
思いついたものを心に留め、形にして、声と色をのせて変化させていく時間は
ワクワクがいっぱいです。
小島聖と平松麻がふたりで始めた声と色の実験室。
出来上がるまでの過程が何より楽しい大切な時間です。
主に紙芝居という形で発表を不定期に思いつくままにしています。

——————————————

今回のeatrip seed clubは紙芝居作り🖍
俳優 小島聖さんと画家 平松麻さんによるワクワクの実験室 ” おもいつきの声と色 “が
eatrip soilに出現します。
1つの物語を読み、想像して絵を書き
こどももおとなも
みんなで紙芝居を作り上げる実験室です。

・日時
6月12日 (土) 2部制

-第1部 こどもとおとなの回-
開始 10:00 終了 12:00予定
募集人数 6組12名

-第2部 おとなの回-
開始 16:00 終了 18:00予定
募集人数 8名

・参加費
こども 1500円(税込)
おとな 3000円(税込)
※3歳以上のお子様からご参加いただけます

・場所
東京都渋谷区神宮前5-10-1
表参道GYRE 4F eatrip soil

・持ち物

〜ご予約方法〜
下記メールアドレスまでお申し込みください。
soil@babajiji.com
件名『eatrip seed club参加申し込み』
①お名前 ②電話番号 ③参加希望時間をご名記ください。
※お申し込みは先着順とさせて戴きます。定員に達し次第終了とさせていただきます。

〜プロフィール〜

小島聖
1976年生まれ、東京都出身。1989年、NHK大河ドラマ『春日局』で女優デビュー。その後、ドラマや映画、CMなど様々な分野で活躍。柔らかな雰囲気と存在感には定評があり、映像作品はもとより話題の演出家の舞台にも多数出演。また30代で出会った山の魅力に魅せられ、プライベートでは国内外の様々な山を登るなどアウトドアに関するライフスタイルでも注目され、2018年には自身初のエッセイとなる「野生のベリージャム(青幻舎)」を刊行。

平松麻
1982年生まれ、東京都出身。油彩画を主として展覧会での作品発表を軸に活動する。2020年6月~2021年末まで、朝日新聞夕刊連載小説、柴田元幸新訳「ガリバー旅行記」の挿絵を担当中。森岡督行『本と店主』(誠文堂新光社)、村上春樹・アンデルセン文学賞受賞の講演テキスト『MONKEY vol.11』(SWITCH PUBLISHING)、穂村弘『きっとあの人は眠っているんだよ 穂村弘の読書日記』(河出書房新社)、三品輝起『雑貨の終わり』(新潮社)など挿画も手掛ける。マッチ箱に絵を描くシリーズ「Things Once Mine かつてここにいたもの」も発表中。

2021.05.10

ピルグリムサーフ

ピルグリム サーフ+サプライを着る、女性たち。
webで公開中です
https://pilgrimsurfsupply.jp/special/women/vol2/

2021.04.01

おもいつきの声と色

3月31日でスパイラルのwebマガジン、SPINNERが終了しました。
引き続き閲覧は可能なようです。
新たに発表の場を探しつつ、今日からYouTubeに
「おもいつきの声と色」の紙芝居をアップしていきます。
ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=PSiSju849iU

2021.03.02

Numéro

Numéro TOKYO3月号にて
自然とのつながりをテーマにエッセイを寄稿しています。
屋久島の山の中を歩いた時の話です。

2021.01.13

あおいらくだ

2020年の夏頃、劇団KAKUTAの桑原裕子さんに声をかけていただき
出会った絵本、あおいらくだ。
いろんな価値観があるって素敵だよねっていうことを感じる絵本です。
帯を書かせていただきました。
オーディオブックでも声で参加しています。
http://www.hokuju.jp/books/view.cgi?cmd=dp&num=1148&Tfile=Datal

2020.12.23

THE NORTH FACE

THE NORTH FACEの持続可能な取り組みの一環として取材へ出かけました。
https://www.goldwin.co.jp/tnf/special/2020_womens_heygirl/hijiri/index.html

2020.12.13

&Premium.jp 「&MUSIC」『土曜の朝と日曜の夜の音楽。』

&Premium.jp内「&MUSIC」のコーナー『土曜の朝と日曜の夜の音楽。』
9月の選曲を小島聖が担当いたします。

ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。
土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載です。

9月の毎週末(9月4日(金)、9月11日(金)、9月18日(金)、9月25日(金))更新されます。
ぜひご覧ください。

https://andpremium.jp/music/hijiri-01/